C-HRの値引き

クルマを買うのは大きな買い物ですよね。新品の車をなるべく安く購入したいのはみなさん同じですよね。トヨタのC-HRが新発売されます!なるべく安く買いたい方、まあ、まだリリースしたばかりなので今度の12月の値引は数万円しかならないですかね。しかし、時がたっていけば少しずつですが、値引率も少しずつ順調に上がってくるかと思います。クルマを買うときの値引には交渉が不可欠です。実際にC-HRを購入した人たちのデータをまずは集めますか。80%以上の人がうまくいい値段で購入できていないかもしれません。まず、C-HRを買う前に現在乗っている車を下取りに出します。下取りではなくて、買取に出している人もいます。聞いたところによると買取に出すと下取りよりも高く売れます。まずは自分の現在の車を高く売ればそのお金を新車購入費に当てればその分だけ安く買えたという事になりますよね。現在の自分の車の種類によってその差額は大きくなるので何十万円単位で存したり得したりします。損をしないためにはまず買取や下取りの正確な情報を集めることです。また、年末やボーナスのセールス時期は値引率も大きくなります。時期も考えましょう。
少しでも安く買うための 値引き交渉
①キャッシュで払うよりも クレジットカードを使う
自動車メーカーはファイナンス(信販会社)と提携しているところが多く、メーカーはもちろんディーラーにとっても系列のファイナンスのクレジットカードを利用してもらった方がメリットは大きいみたいです。もちろん金利は少しありますが、それで安くなり値引きの金額と月々の支払い金額が抑えら れたらクレジッ卜カードで買うのは一つの方法です。
②ライバルの車と比較して値引き交渉
来店して商談の1回目から買う気満々ムードで行かないほうがいいです。たとえ買う気持ちがあっても A 社とB社のどちらにするか迷っているくらいがいいです。わざと同じくらいの価格の車でどっちにするか迷っていると伝えるといい交渉ができて値引してもらえるケースが多いです。
③値引きが難しければオプションサービスで交渉
店舗によって車自体の価格の値引きが難しければ、オプションの取り付けサー ビスや、オプションの値引きをするのもいいです。他のサービスをみてみましょう。

④下取り車は買取専門店と 比較しましょう。
今乗っている自分のクルマは購入店舗に下取ってもらったほうが簡単です。しかし、下取り査定額をうのみにせず、買い取り専門店にも相見積もりにして査定して もらうのがいいでしょう。専門店の方が高く買い取ってくれるケースも多く、面倒でなければ買取見積書を持って交渉すべきでしょう。

おすすめサイト:C-HRの値引なら自動車買取・クチコミブログ