「鬼の包丁」は、江戸時代の剣術家・柳生厳包(としかね・連也斎・れんやさい)の脇差

厳包より脇差の注文を受けた刀匠・肥後守秦光代は六度も駄目押しをされ、ようやく七振り目が完成した。するとまたもや「これでは駄目だ」という。秦光代は「斬ってみなければ分かりません」と言ってそばにあった風鎮(ふうちん・掛け軸の先につける錘の子こと)を四つ重ねて打った。みごと真二つ。これを見て厳包は「これならよかろう」と脇差しを納め、「風鎮切」と名付けた。

ある夜のこと。寝込みを刺客に襲われた厳包は、とっさにこの風鎮切を抜き、片手打ちで刺客たちを斬り倒した。その斬れ味に感心し、「鬼の包丁」と呼び名を変えたという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です