備前長船長義作。永禄10年 (1567) 、小田原の北条氏政が下妻城主多賀谷, 政経を攻めた際、政経の援軍として出陣していた佐竹義重が、北条方の騎馬武者を 頭上から一撃したところ、兜もろとも頭と体が真つ二つに割れ、馬の左右に人文字 形になって落下したことから名付けられたという日本刀です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です