甲斐の虎と越後の龍

甲斐一帯を支配した大名武田家の十八代当主の武田信虎は、甲斐の統一を成し遂げた名将だったが信玄との不仲も伝えられている。信虎は愛刀家でもあったと伝えられ名刀「宗三左文字」が名高い。三好宗三から贈られたこの刀は「義元左文字」とも呼ばれ、信虎と義元の和睦の際に義元に贈られた。その後義元から信長、秀吉、秀頼、家康と天下人の間を転々とし徳川家の重宝として伝えられる。

 信玄から謙信に贈られた一振りの太刀がある。武田・今川・北条の同盟関係が悪化したころ今川が北条しと共謀し、太平洋側から甲斐への塩の補給を封鎖した時、これを卑怯とみた謙信は越後から甲斐に塩を送る武田の兵を黙認した。これが「敵に塩を送る」という格言の言われである。感動した信玄はこれに報い一振りの太刀を送ったという。その後この一振りは「一文字の太刀」と呼ばれ上杉家に伝わっていった。故事から「塩留めの太刀」ともいわれるこの太刀は、今では重要文化財に指定され、東京国立博物館の所蔵となっている。

 南天薬師瑠璃光如来

 備前国長船住人景光

 景光は鎌倉時代末期に活躍した刀工。長船派の祖である光忠の孫にあたる備前長船派直系の刀工である。「鋭く、折れず、曲がらず」を追求した景光の刀は信玄のライバルである謙信も景光の刀を愛したという。