前田家と大典太光世

前田家の重宝・大典太光世(おおでんたみつよ)は代々の当主が自ら手入れをしたと伝えられる。身幅が広く猪首鋒という。見るからに重厚な造りである。平安時代の作と伝えられるが、来歴には不明な部分が多い。しかし大典太が天下五剣に数えられる名刀である事は間違えはない。名刀である事は間違えなく美術的価値はももちろん高いが実用刀としての切れ味も鋭く、江戸時代に山田浅右衛門が試し切りで三つ胴で二体を断ち、三体目の背骨で止まったと記録されている。

 三条宗近の太刀、静御前の薙刀、大典太は「前田家三種の神器」と呼ばれ、霊験あらたかな刀として神格化して伝わった。現在大典太光世は加賀前田家伝来の品を展示している前田育徳会で保管されている。

 家康の佩刀にも光世作と呼ばれるものがあった。家康は自分が死んだ後に枕刀として光世を傍らに置くように言い遺し、自分の神霊がこの剣に留まり国家を永く守るように祈念した。光世は駿州の東照宮に祀られ、現在に至っている。武器や美術品としてだけでなく霊的な力があるように思われていたようである。