大般若長光

銘は「長光」。長光は鎌倉中期の備前長船派の刀工で華やかな刃文を得意とした。天正期の刀工の格付けで宗近、吉光等の名匠でさえ100貫という値であることから、600貫という値は相当の破格であったといえる。もともとは足利十三代将軍義輝の持ち物であった。将軍家を傀儡として権力を伸ばしてきた三好家は義輝の才気を疎み、三好家の重臣松永久秀と三好三人衆が中心になって義輝に謀反を起こす。大般若長光もその時に使われたといわれている。長光はその後松永久秀の手から織田信長に献上された。信長は姉川の戦いで目覚ましい功績を残した徳川家康に長光を贈った。その後家康は長篠の戦いで長篠城を死守した奥平定昌に長光を送っている。また信長からも名刀福岡一文字を拝受している。定昌は信長の一字をもらい信昌を名乗る事を許された。信正の子らは松平の姓を与えられ、家康の養子となって徳川家を支えた。

 その後貴族議員の伊藤巳代治伯爵がこれを買い取り、孫の伊藤治正伯爵によって帝室博物館【現・国立博物館)に五万円・現在でいうと約一億円で売却された。現在では国宝に指定されている。