楠木正成と小龍景光

後醍醐天皇の建武の新政を補佐した武将である楠木正成の佩用していたという太刀が小龍景光である。当時の正成は河内国に居を構えており、どの様にして備前国の太刀を手に入れたのかは決まった説はない。一説に後醍醐天皇の側近で天皇の勅使として正成を召しだした中納言、万里小路藤房から贈られたという。正成は「湊川の戦い」で敗れ弟と刺し違えて自害したという。その後小龍景光がどうなったか不明である。長らく行方が分からなかったが幕末期にそれらしき刀が河内国農家から発見されたという。しかしこの刀は刀剣鑑定の第一人者本阿弥家によって偽物とみなされた。小龍景光らしき刀は山田浅右衛門の手に渡り、明治維新後にこの刀は宮内庁へと献上された。明治天皇は景光を特に気に入り常にお手元で鑑賞したと伝えられる。現在では国宝に指定されている。