源頼光と童子切安綱

安綱は平安時代末期の伯耆の国の名工。腰反りが高く、踏張りのある小鋒のこの刀は三条宗近や古備前友成と共に在銘の刀としては最も古いといわれている。童子切の名は源頼光がこの刀で酒呑童子の首をはねたという逸話からきている。童子切安綱は足利家の重宝であり源頼光の佩刀であったと伝えられ天下五剣に数えられる名刀である。天下五剣とは室町時代に定められた五振りの名刀を指す。童子切安綱のほか、鬼丸国綱、大典太光世、三日月宗近、数珠丸恒次が名を連ねている。全て平安初期から鎌倉時代にかけて作られておりいずれも由緒正しい宝刀である。中でもこの剣は最も古い時期に作刀されており、しばしば筆頭として取り上げられている。

 後に本阿弥家が記した「享保名物牒」にも「極々上の出来、常の安綱に似たる物にあらず」とある。国宝の大包平と並んで日本刀の最高傑作と賞されている。童子切の名は大江山の悪鬼・酒呑童子の首を切った伝説から生まれた。一説には頼光が退治したのは鬼ではなく山賊だったともいう。

 十三代足利義輝が命を落とし童子切安綱は織田信長の手に渡り、後秀吉、家康と転々とするが二代秀忠によって越前の松平忠直の手に渡った。津山藩に秘蔵されていた童子切安綱だが元禄年間津山藩江戸屋敷にて試し切りが行われ、重ねた死体六体を一刀両断にし、更に下の土壇に斬りつけたという。